園の生活

幼稚園の一日

愛和幼稚園の一日は、園長先生との「おはようございます!」の朝の挨拶に始まり、「さようなら!」で終わります。元気いっぱいの挨拶は、人と人との絆を結ぶコミュニケーションの第一歩として大切にしています。
幼児にとって、遊びは学びです。園児が、広い園庭で、思い思いの遊びを展開する自由保育を行うだけでなく、クラス全体で、同じ時間を共有しながら、同じ活動に集中して取り組む一斉活動保育を行い、園生活に静と動のメリハリを持たせることで、幼児期の発達段階に応じた指導を心掛けつつ、小学校へと繋がるような望ましい生活リズムの習得を目指しています。

幼稚園の一日

年間行事

愛和幼稚園では1年を通して、数多くの様々な行事を用意しています。
四季折々の行事を楽しむ中で、園児たちは五感をフルにはたらかせて、感じたり、考えたり、踊ったり、歌ったり、描いたりする体験を重ねていきます。多彩な体験を経て、園児たちはそれぞれに達成感や自己充実感を味わい、幼児教育における五領域のねらいが達成されていきます。
幼児期には、豊かな心と丈夫な身体、そして生きる知恵を育てることが大切であると考えます。行事を通して体験学習を積み重ね、一人ひとりの園児が、健やかに、大きく成長していくよう、優しく丁寧な指導を行って参ります。

年間行事

危機管理

危機管理子どもを保育する幼稚園をとりまく環境は、以前は父母や地域に見守られる安全な場所でしたが、近年特に通常では予測できないような事故・事件や災害に遭遇することが多くなっています。本園ではこのような事故や事件・災害に見舞われないように、子どもたち自身への指導も含め細心の注意を図っていますが、それでも完全に防げるものではありません。また、本園の危機への対応(危機管理)と併せて、子どもたちが安心して過ごせるスクール・セキュリティーの構築に積極的に取り組んでいます。

① 教職員による定期的な巡回の実施を行っています。
② 教職員による各種訓練の実施を行っています。
③ 保育時間中は、門の閉鎖を行っています。
④ 高度な防犯カメラシステムによる安全管理を行っています。
⑤ 警察・消防等の関係官庁との緊密な連携を行っています。
⑥ 自動体外式除細動器(AED)を設置し、緊急対応を行っています。

TOPへ